上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

5月28日夜の失敗トレード

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

5月28日夜の失敗トレード

夜になってからのトレードです。
H4の安値ラインを抜けてきていたのでエントリーしました。
もっと前でエントリーできていたらと想うのですけど。

0528H4

エントリーしてから、自分の思った方向へ行くのです。
2枚で入りました。

その後、売り増ししたのですが、急反撥で売り増し分が損切。
-200円

最初にエントリーした分も-150円ぐらいまで戻ったときに損切しました。

でもそれがいけなかった。
その後の動き、こんな感じです。

0528M30

いけなかったわけじゃなくて、前にも書いたように、損切されるまでは待つということができませんでした。
陽線も長い上髭を伸ばして戻ってきたし、さらに言うなら、M30の-1σまで来たときに再度エントリーできたと思いますが、
負け癖がついている自分はエントリーできませんでした。

入れば、負け分十分に取り戻せたし、半端なところで損切したのもいけなかった。

このトレードを見て、いろいろ感じるところがあります。
失敗トレードは大切です。

ルール、守れてないでしょ。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

5月28日のトレード

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

5月28日のトレード

1回目 -237円
2回目 +327円

トータル +90円

ユーロドル
H4の抵抗線と-2σで反撥している。
MA21は下げている。
M30ではMAは横横で陽線で上に抜けてきていたのでロング。
でも終わり値ではMA21付近。
次の足では陰線で結局M30のMAで反撥したような状態。
上髭は+1σ近くまでし。
損切。

逆に陽線が-1σ付近まで戻る陰線で否定されたので、下目線となる。
-1σを抜けたときに売ればよかったかもしれないが見ていなかった。
一度-3σまでおちて反撥タグを作ってもみ合い状態のなか抵抗線を下に抜けたと思えたので、戻り売り。
でもまだもみ合いだったがMAは急な下向きだったので、そのまま。
3本目ぐらいで下にぬけて、夜中2時すぎに直近安値あたりまで落ちていたので決済しました。

1回目はこそこそと勤務時間外でしたが仕事中に人目を忍んでチャートをみてたので、正直そういう時はやめたほうがよかったと思います。

とりあえず、トータルは+だったけど。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

5月27日のトレード

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

5月27日のトレード

+39円

H4で下降トレンドラインを上に抜けて、かつ-1σを抜けていた。
上にはMA21がある状態。

M30 は勢いよく陽線をつけて一度+3σでタグ。
次の足は陰線で直近高値あたりまで戻って再び陽線をつけようとしていた。
H4のMA21までいきそう。
M30MACDは上昇している。

買いを入れて上昇するが+2σでタグを付けてもみ合い。
また直近高値あたりまで戻って上昇し、H4のMA21に到達。
M30では+2σ。
そこを抜けるかどうか・・・のところで寝てしまって朝起きたら落ちてきていたので決済。

+だったから良いけど。
最初の目標は達成しているので、そこで決済するべきだったかもしれない。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大切なのは相場の背景と焦らない事

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

大切なのは相場の背景と焦らない事

ビクトリーメソッドのテキストを読み返してみようと思って全部印刷した。
ちらちらと見てるけど、相場の背景が大切ということを繰り返し言っている。

動画の中でも佐野さんが何度も言っていたような。

リアルのチャートを見ながら、それを実感することができる。
ドル円、ユーロドルをちょこちょこと見ながら過ごしています。

できれば利益が出せるようになると嬉しいが。

それと焦らないことも重要なんだろう。
勢いが出るまで待つと。

夕方、ユーロドルが同じところで反撥して、上昇していたので買ったけど、もう少し前で買いたかった。
トレンドラインを突き抜けたあたりがベストだったんだろうな。
自分は戻りを試したところで。

H4のMA21は下降を示しているから、そこでもみ合うか、反撥されるのかもしれない。
できれば上に抜けて欲しいけどな。
これは自分の希望。

損切は-23pipsに入れてある。

帰宅してる間に、動いて、反転したら嫌だなあ。

自分の悪いところは目を離すところもあるし、損切りされるまで待てないというところもあるし。
そういう部分で損している。

ルールがはっきりしてないってのもある。

ビクトリーメソッド学んでいるのになさけないな。
いや、今はそれ以前の部分だから。

まだチャートにテクニカルとか表示して、それをテキストどおり分析してないし。

基本動画をまねしてる。

でも、チャートの動きが少しだけわかるようになった気がする。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

トレードにおける自分の抱える問題

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

トレードにおける自分の抱える問題

損切貧乏といえる状態。
最初にエントリーした方向に自信を持った方がよい。
どてんして、結局損切して、もとのポジションを持っていたら利益を出せていた、ということが何度もある。

そういう自分を変えるにはどうするか。

損切まで待つ。
最初の分析をしっかり行っているなら、それを信じる。

MA21の方向へトレード。

いろいろある。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画26を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画26を見て

ユーロドル 2010年3月11日収録動画

雇用統計あけ?

M30下落していた。
H4 見てわかる、MAやや水平タイプ。
-2σから反撥してきている状況でレンジ。
バンドを拡大してさらに下落して下げる可能性もある、分岐点に来ている。

H4のレンジに水平線をひく。
何本か、目印になりそうな部分がある、感覚で引いている。
飛び出て戻るのもあり。

BB設定。
H4 初回-2σでタグを作って反撥している。
レンジでは上下で反撥している。
今、レンジ下限域で陽線なのでロングできそう。
-1σに水平線。

M30 下降の上値抵抗-1σを上に抜けている。
M30の前の安値あたりで同様に反撥。
MA21の下降角度は比較的強い。
H4の-1σを目指すのでは?

珍しくM5を確認。
実践では見ている?
レンジ上限MA21は下降から上に向き始めたところ。
ロングに優位性があるのではないか。

M30 でもロングが優勢である。
とのことでここでロングエントリー。
MA21を上に抜けたのを確認してから入ったほうが良かったかも、ポイントを抜けてから、というのも選択にあった。
しかし佐野さんは攻撃的なトレードをするタイプ。

あとからテクニカルも確認、MACDは上昇して0ラインを越えてきている
M5ではMA21が上向きになっている。

ポイントまで戻りを待つというのもあり。

トレードの根拠。
H4はレンジ状態が明瞭で、下限域で反撥しかかっている。
M5ではMA21が上昇してきた。

今までトレンドラインを引いていたが、レンジ状態がはっきりしているので今回は引かない。

^^^
ファンダメンタルの説明・・・毎回あるけどスルーしてるが、ちゃんと聞くべきか?

^^^
上昇してM30のMA21とH4 の-1σの交点になるところに来た。
基本、超えてからの方が良い。

今回は危ないポイント(交点)に入る前にエントリー、これはリスキーである。
損切は-23pips、その根拠はわからないけど。

数時間後に+16pips。
更にまって+20pipsを獲得。
M30の+1σあたりで決済された。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

副業を見つける

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

副業を見つける

とにかく本業以外で収入を見つけたいなら、時間外にアルバイトでもするべきだと思う。
しかし、自分の現状を振り返るとそんな時間は滅多に見つけられない。
拘束時間が長い、不規則、という状況では隙間の時間でやるしかない。

ネットでやれること、のひとつとしてFXを選択したけど、未だ稼げるようになっていない。

10円、20円の単位で安定した収入が欲しいと思う。

確実な仕事は何だろう。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画25を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画25を見て

この記事を書く目的。

基礎動画はビクトリーメソッドでのトレード解説ではなく、普通のチャートの読み方を訓練するために撮られたものと解釈している。
それを見て、ポイントを把握することで、動いているチャートをどのうように見ているのかを学び、自分のものとする。

期待する結果。

動いているチャートのどこを見るか理解し、相場の流れ、方向がわかるようになる。


ということで基礎動画25。

^^^^

いつもどおりユーロドル。
なるべくひとつの通貨を見たほうが良い?

M30、BBは拡大していない状態で先端はバンド下限に到達。

H4 MAやや水平タイプ。
価格はゆるやかに上限している。
ブル領域でのもみ合い状態。

裸のチャートを見て、見て明らかにわかるレクタングルの状態。
水平線を引いてみたくなる。

トレンドラインを引く。
新安値の前の山へ向けて線引き。
その前のトレンドラインも参考に引く。
新しく引いたほうがラインが緩やかなので、トレンドは鈍化しているのではないか。

水平線をひく。
髭先端がはみ出るのはオーバーシュートとして解釈。
引き方は色々ある。
欧米では髭が出るのはダメ?
佐野さんの引き方は、止まった接点が多くあるところで引く。

下向きトレンドが続くためには下値が更新される必要がある。

BB追加。
MAの方向感がなくなっているところで±2σでタグを作って反転している。

M30に変更。
上昇から水平タイプに移行して、+2σでタグをつけてから下降、-3σで下髭のばしてタグをつけて、一度もどってから再度下降している。
バンドが開いていないので、反転上昇の可能性がある。
(バンドが開けば、トレンド継続・・・下降継続ということか?)

再度-2σでタグをつけたが、戻らない。
しかしバンドも広がらない。

優勢なほうにつく、なるべく後だしジャンケンのほうが安心。

様子見。

-2σでタグをつけて上昇。
下髭つけた陽線ができてきたのでロング。

佐野さんはレンジよりはブレイクのほうが好き。

ロングの根拠はバンドが広がらなかった。
2度のタグ、下値トライが失敗したことで、下降が否定された。
上位H4ではレンジ傾向。

前回高値を目標。

次の足で、目標値近くまで伸びたので決済。

^^^^

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

チャートを読む実技・・・のつづき

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

チャートを読む実技・・・のつづき

前回記事にしたときに、エントリーしたポジションは損切しました。
損切して逆方向にエントリーしたのですが、再び損切。

結局最初にとったポジションのほうへ動きました。

ここで自分の問題点がいろいろ出てくるのですが、それはまた別の機会に。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

チャートを読む実技

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

チャートを読む実践

ドル円で。

H4は下落していたのがトレンドラインを上に抜けている
MA21は水平に近くなっている。

トレンドラインを上に抜けてから+2σでタグを付けて陰線をつけたが、+1σで反撥している。

M30ではMAは緩やかに上向き。
ポイントと思われるところに水平線を引いたが、そこで反撥して上昇している。
高値を更新しているので、上昇トレンドラインを引いてみた。

ちょうど今、そこまで落ちてきて、もみあっている状況。

自分はMA21で反撥していると思った時点でロングしたのだが+1σでタグを作って下落している。
明確に+1σを上にぬけてこなければロングしては行けなかったのかな?

とりあえず、-23pipsに損切を入れてみました。

ちゃんと最後まで面倒みたいと思います。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画24を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画24を見て

ユーロドルM30、いつもどおりのチャート。
夕方ドイツの指標があって、小売が落ち込み、それを反映して下落している。
ちょうどH4の+2σでタグを作って下落。
M30の-2σあたりまで下落してもみ合いに入っている。

裸のチャート、H4で分析。
MA21を下抜けて陰線が成長している状態。

トレンドラインを引いて説明、トレンドラインは新安値ができたところで更新される(下向のばあい、上昇は逆)
MA21、BB3σを表示。
初回のタグに気をつける。
ブレイク狙いは高値、安値つかみで失敗することがある。
MAの傾斜角度がしっかりしていると初回タグでも反撥しない。
MAが鈍化しているとレンジに入る傾向。
角度が鈍いとタグで反撥、角度がきつくなってくるとすべりやすい。(同じ方向へいく)

移動平均線と乖離がすすむと戻りを試す。
戻りを試すとMAが鈍くなってくる。
MAの角度がきつくなってくるとタグを作ってもすべりやすい、
その繰り返し。

移動平均が鈍くなっているけどMA21を下抜けてる現状。
ある程度下に行きやすい状態。

トレンドラインを抜けている。
抵抗線としての役割が薄れている。
近い将来、トレンド転換が起きる可能性を示唆している。
もちろん起きないこともある。

MA30に切り替え、水平線を引く。
直近、髭が多い。
上下動がある。
-1σで押えられている(ラインひいた)。
同じところで反撥している。

先広がりの三角形、もみ合いぬけた方向へ動きが出たところでショート。

初回タグに気をつける。
MAにぶいほど、レンジになりやすい。
単独の足だけ見ていると騙しにあう。

1H後はしっかり下抜けている。
+24pipsで決済。
H4を見ると-1σあたり。
00ポイントぐらいまでは下げる可能性もあった。

終了。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

実際のチャートで試す

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

実際のチャートで試す

動画見てるだけじゃ意味がないので実際に動いているチャートで試したのですが、なかなか上手くはいきません。
自分はまだ待つということができてないのだろうなあ。
あと見落としている部分も多いし。
実践動画はまだ見ていないけど、結局テクニカルはあっても、見ている部分は同じだと思う。

チャートの背景が一番大切みたい。

失敗しながら学べば良いと思う。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画23を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画23を見て

M30で+3σとタグ、H4はチャートポイントに差し掛かっている。

H4、MA21は緩やかに下げているが動きは鈍化している。
-2σとタグ、短い陽線で-1σあたりへ上昇している。
レンジになる可能性あり、分岐点に差し掛かっている。

テクニカル排除。
トレンドラインを引く。
上値抵抗になることが多いがあっさり上抜けてから、再度下げてきた。
新安値ができたのでトレンドライン引きなおし。
トレンドラインの角度前回よりゆるくなっている、抵抗が弱くなっている。
水平線追加、意識されたポイントということ。
BB追加。
MA急角度だと-3σとかに沿って滑る傾向、ゆるくなると反撥を試みて、反対側でまた反撥。
戻しを試すとMAはゆるやかに。
初回タグで反撥を試みる。
水平線でタグを付ける。
超えられなかった、-1σでもタグ。

M30で見ると、+3σでタグ、上髭つけて+2σまで実体は戻る、陰線つけて上昇の下値抵抗となる+1σポイントあたりの状況。
+1σを下に抜けていったらショート。
抜けそうな感じだったのでエントリーしたが早まったかもしれない。
00ポイントが近かった。

もみ合いに入ってしまったようだ。

-23pipsで損切。
損切の根拠不明、テキストとかに書いてあるのか?

M30でBBの幅は100pipsぐらい。

2本目ぐらいで下に抜けてきたが、佐野さんの体調不良でわずかに+で終了。
それでも+というのが凄い。

^^^^

エントリーがいつもより早いというのはわかった。
損切の具体的数値が始めて出た気がするが根拠がわからない。
100万通貨単位で入っている。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画22を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画22を見て

M30表示。上昇からいったん下降してるような、ゆるやかに。
ちょっと戻ってMA21で上髭を伸ばして下落。
MA21は緩やかな右さがり。

いつもどおりテクニカルを除いて、ローソク足のみのH4。
面白いところという話。

H4は明らかな下降トレンド。
めずらしくトレンドラインを引く。
新安値の直前の山と高いところを結ぶ。

戻りの部分にもライン。
下降フラッグとなっており、下限をぬけるかどうかのポイント。
抜けるまでは上昇。
長い上髭で否定されてる?

BB追加。
長い上髭部分は初回のプラス3σとのタグとなっているところだった。
+2σで戻り、反転下降で+1σで反撥?するかのポイント。

M30にして、下降フラッグの下限を抜けるか、それともH4の下降トレンドラインを上にぬけるのか、M21を廻る攻防。

下に向けて動意があるので下を狙う。
でも、下限を抜けていないので待ち。

2度トライして、陽線が出ているので、下降を否定されてる?上に向かう。

M30のMA21を上抜けして、+1σも上抜けて、ファンダメンタル的な情報から短期的に上昇を見込めそうなのでロングエントリー。
+2σのラインをめざし、H4トレンドラインを目標。

+20pips(H4トレンドラインちょっと手前)で決済。

^^^^^^^

M21で反撥下降しているところで、自分なら売っている。
下降フラッグの下限を抜けるまで待つ佐野さんの姿勢を見習うべき。
待てるということが凄いと思う。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画21を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画21を見て

正直、今時ビクトリーメソッドなんて、と思っている人も沢山いると思う。
自分はビクトリーメソッドの本は数度読んだだけでした。
実践動画を見ててよくわからなかった。

そのまま放置していたのですが、最近見た基本動画がなんとなくつぼにはまりました(笑)。

ビクトリーメソッドじゃなくて、それ以前の普遍的なチャートを見方を教えてくれているようで、自分のメモ代わりに記録していきます。

この文章読んだだけでは、何が書いてあるのか意味不明だろうな。
ーーー

21。

H4では下降動意、少しずつ実体が大きくなって-2σに近づいている。
短期トレードなら出来そう。

水平ラインいれ。

M30 意識されているラインをやや下に抜けてきている

BB設定。

-3σで一度タグを作っての再下降なので、ショートトレードがいけるのではないか。
戻って-2σ上でM30のレンジ下限を廻る動き。
レンジを下にブレイクするのか、再びレンジに戻るのか。

MACDを表示、ヒストグラムは下に向いている。

M5。

-2σでタグを作り、もどって下降時の上値抵抗となる-1σあたりでの攻防。
ここで下値抵抗ラインを入れる。
のちのち、このラインを抜けるときにエントリーしている:重要

週足 ポイント付近での攻防、-3σでタグとなったあとの足。煮詰まっている。
日足、5日前のタグ付近を再び目指している。攻防中。

H4ではレンジ下限を廻る攻防、MAは水平に近くなっている。
MA30は短期的に戻る可能性もあるので、しばらく様子見。
ここで16時15分ぐらい。
十字の髭状態。

16時40分。
もみ合いを抜けてきたのでショートエントリー。(M5表示時に引いた水平ラインを抜けたから)
H4-2σを目標。

M30を表示して、-3σでタグ、様子見。17時半ごろ。
18時に決済、+16pips。

考え方を見る。
週足でMA200を表示。抜けると大きく下に向かう可能性。

ーーー

佐野さんが動画内で言っているが、考え方が大事なんだと思う。
どういうポイントを見ているか。
はっきりわかる。

それを真似して自分もリアルのチャートを見れるように練習してます。

トレードは不労じゃなくて技術を磨く労働だと思ってます。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画1再視聴

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画1再視聴

基礎動画1を再度視聴しました。
途中から記事にしていても、気持悪いので(笑)。

H4チャートからテクニカルを外すところから始まる。
上昇時は陽線が多い、下降時は陰線が多い。
基本的な事。

ひとつ前のローソク足の実体より大きくなったローソク足が出来たときはとの方向にいくように見える。
(反転時とか)

高値のひとつ前の谷でトレンドラインを結ぶ。
トレンドラインはいくつも引ける。
髭をふくむかどうか、人によって異なる。
2点以上で信頼ができそう。

上昇時には下値を切り上げていく。
下降時には高値を切り下げていく。

トレンドラインを抜けたら、ラインが抵抗になる。
押し戻し時の。

MA21を表示。
MAが上昇していればロング狙い、下降していればショート狙い。
水平ならレンジ。
高値と安値の間で動く傾向。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

プライスアクショントレード入門

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

プライスアクショントレード入門

アル・ブルックスの書籍をちょっとだけ読み始め。
難しいんだよな。
簡単なことを難しく書いてあるのか、それとも難しいから難しいのか判断がつかない。
評判はそれほどでもないけど。
だけどローソク足って重要だと思っている。

ちゃんと読みたいけど、文章のわかりづらさとかチャートの小ささにめげそうになる。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画20を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画20を見て

ビクトリーメッソドを公開してるわけではないので、ご注意ください。
自分は基礎動画を見て、普遍的な相場のとらえ方を学びたいと思っています。
そのために自分で動画を見て、気にすべきところをメモしています。
手法を公開しているわけではありません。
動画を見ている人なら書いている内容はわかると思いますけど。

一緒に勉強しませんか?

ユーロドルM30はMA21も下げていて緩やかな下落傾向。
見てわかる状況。

いつもどおりすべてのインディケーター外してH4でレジスタンス、サポートとなっているところに水平ラインを入れる。
現状、実体は小さくなっているが、下げている上体。
直前の足が下ヒゲを伸ばしているのを気にしている。

基本下を狙いたいが、その状況では注意。
H4足が出来たときにどうなるのか見る。

M30は大きくしたに動いた後、MA21まで戻っている。
その後どうなるのか。
日足のチャートポイント付近でもある。
しばらくしてからM30でMA21を上に抜けてきた。

MACDを表示してみると、GCして上昇している。

M30はMA付近でもみ合い、レクタングルを形成している。
下降傾向であるが、もしかしたら上向きに。
M30のレクタングルの上値抵抗ラインを越えられるかを見ている。
また+1σを超えてくるかを見ている。

トレードの根拠(重要)
実体より遙かに長い下ヒゲを伸ばして陽線を形成。
その後MA21まで戻って、もみあい。
レクタングルを形成し、MA21を超えてきた。
レクタングルの上値抵抗ラインを確実に越えるか。
超えたらロング。

転換をとらえようとするトレードである。

日足のもみ合いゾーンで反撥している。
基本下を狙いたいチャートの状況であるが、安易に狙ってはいけない。

M30で+1σを抜けたほうが良いのか。

ローソク足が上値抵抗ラインを抜けて形成されたのを確認してロングエントリー。
MACDを表示して、確認。

エントリー後30分ほどで利が乗っている。
+1σも上にぬけてBBはひろがり気味。
+2σに達したあたりで決済。

+10pips程度の利益。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

手法って結局何なの?

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

手法って結局何なのか?

何なんだろう?
最初は自分で学んでいるつもりだったのに、いつのまにか商材やら何やらに手を出して、負けている。
原因は自分自身にあると思うのだけど。

商材に手を出しても、それで勝てている人もいるから。

結局、手法って何なのか未だにわかっていない。

でも、8年負けてる間に、色々な商材とかセミナーとかを受けて、なんとなく思い始めたのは、
みんな基本的な部分は同じじゃないかと。
インディケーター外して、そこからポイントを決めてる佐野さんの基礎動画を見て、余計に感じた。
それをみていると手法って関係ないような気がしてくる。

でも、技術としては必要なんだろうなあ。

まだまだ混乱している自分。

全然成長していません。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXは不労所得じゃない

こんな言い方は変なのかもしれないけど。

FXで収入を得ることは労働所得だと思う。

不労所得というのは働かなくても得られる所得。

トレードは肉体こそ酷使しないかもしれないけど、頭脳を酷使して、自分自身を訓練してる。

だから十分に労働に値すると思う。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画19を見て

基礎動画19をみて

講義のみ。
H4は大きく下落している状態。
エントリーはできない。

講義内容。
実体よりも長い髭を出している状況、スパイクは反転の兆し。
大きくなっちゃった→オーバーシュート 止まるところは意識されたレジスタンス、サポートのライン

丸坊主→髭をほとんど出さず上昇(または下降)している状態。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画18を見て

基礎動画18 ユーロドル1月15日 夜中過ぎ。
いつの1月なんだろう?

相場背景
H4 上下動レンジを割り込むところ。
下降動意が出てきている。
-2σと初回タグ。

前回安値ラインを抜けるかどうかに注目している。

-2σ、-3σにも水平ライン、注目している点だと思う。

M30に切り替えてチャート確認。
下ヒゲを伸ばした状態の陰線。
この時点では売買しない。
前回安値に引いたラインで止められているように見える。
長い下ヒゲを伸ばしているので、安値を抜けられない可能性が高い。
様子見。

次に見た時は長い下ヒゲ陽線になっている。
M5に切り替え。
MAを超えてきたら買い?

H4安値で反撥上昇、M30安値更新したけど下ヒゲ伸ばして上昇(MAは下向きだけど)→買い根拠。
M5で買い(MACDクロスしてた)

一時間後ぐらい、初回3σでタグ。
この時点で+10pips。

もう少し様子見。
もたついているので決済。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画17を見て

佐野さんは通常はM30を表示させているのかな?
いつもどおりH4に切り替え、テクニカルを外していく。
それから止められているポイントにラインを入れていくが、髭の先端とかそれほど気にせず、感覚的に入れているように思える。
H4ユーロドルで状況は-2σ→+2σ→-1σといったところ。
レンジだと思う。
陽線が出ているので上に行きそう。
MA21を目指す。

M30は-3σを下抜けて髭をつけている状態。
MAは下降している。

下降時の上値抵抗となりやすい-1σを上に抜けているので、上に行きそう。
ただしMA21で逡巡する可能性がある。

逆張りだが、-1σを上に抜けているので買いではいる。

やはりMA21で反撥して一時-7pipsほど戻される。
MA21を超えてから入ったほうが安全らしい。

10pipsぐらいで利益確定したと思う。

上位時間のH4で上昇していきそうだったので、M30で買っている。
そういう部分を意識したい。

勉強になる。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

副収入が欲しい件

消費税は3%上がったけど、やっぱり便乗値上げしてたり、ガソリンみたいに他にも税がかかったりして、実質10%ぐらいは生活が影響を受けている。
しかし、現在のところ給料が上がる気配はない。
自分は建設業で、うちの会社はかなり状況は良いはずだけどね。

なんとしても副収入が欲しいと思う。

そういうわけで、サラリーマンにできる事っていうと一番簡単に手をだせるFXという事になった。
でも、FXは難しい。

収入を得るということはとても難しい。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

チャートの背景

基礎動画をいくつか見て思ったこと。
トレードする前のチャートの背景が大切。
佐野さんは4時間を見て基本30分でトレードしている。
4時間の時の位置、ボリンジャーバンドの1σ、2σとの位置関係、MAの向きでどちらへ向かおうとしているか、抵抗があるところはどこかを把握して、30分でその方向へトレード。
30分でも、ポイントを抽出して、そこを乗り越えてからトレード。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

タイトルとか変更しました。

ちょっと思うところあって、しばらくFXビクトリーメソッドの記事を書こうと思います。

まあ、自分の覚書になるのかもしれませんが。

かなり前に購入していたものですが、基礎講座の動画を最近見ていて感じるところがありました。

それに従って、というわけではありませんが、少々トレードしてます。

そういうところを報告というか記録していこうと思いました。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。