上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画24を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画24を見て

ユーロドルM30、いつもどおりのチャート。
夕方ドイツの指標があって、小売が落ち込み、それを反映して下落している。
ちょうどH4の+2σでタグを作って下落。
M30の-2σあたりまで下落してもみ合いに入っている。

裸のチャート、H4で分析。
MA21を下抜けて陰線が成長している状態。

トレンドラインを引いて説明、トレンドラインは新安値ができたところで更新される(下向のばあい、上昇は逆)
MA21、BB3σを表示。
初回のタグに気をつける。
ブレイク狙いは高値、安値つかみで失敗することがある。
MAの傾斜角度がしっかりしていると初回タグでも反撥しない。
MAが鈍化しているとレンジに入る傾向。
角度が鈍いとタグで反撥、角度がきつくなってくるとすべりやすい。(同じ方向へいく)

移動平均線と乖離がすすむと戻りを試す。
戻りを試すとMAが鈍くなってくる。
MAの角度がきつくなってくるとタグを作ってもすべりやすい、
その繰り返し。

移動平均が鈍くなっているけどMA21を下抜けてる現状。
ある程度下に行きやすい状態。

トレンドラインを抜けている。
抵抗線としての役割が薄れている。
近い将来、トレンド転換が起きる可能性を示唆している。
もちろん起きないこともある。

MA30に切り替え、水平線を引く。
直近、髭が多い。
上下動がある。
-1σで押えられている(ラインひいた)。
同じところで反撥している。

先広がりの三角形、もみ合いぬけた方向へ動きが出たところでショート。

初回タグに気をつける。
MAにぶいほど、レンジになりやすい。
単独の足だけ見ていると騙しにあう。

1H後はしっかり下抜けている。
+24pipsで決済。
H4を見ると-1σあたり。
00ポイントぐらいまでは下げる可能性もあった。

終了。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。