上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

FXビクトリーメソッド基礎動画26を見て

8年負けてる自分が今から始めるFXビクトリーメソッド

FXビクトリーメソッド基礎動画26を見て

ユーロドル 2010年3月11日収録動画

雇用統計あけ?

M30下落していた。
H4 見てわかる、MAやや水平タイプ。
-2σから反撥してきている状況でレンジ。
バンドを拡大してさらに下落して下げる可能性もある、分岐点に来ている。

H4のレンジに水平線をひく。
何本か、目印になりそうな部分がある、感覚で引いている。
飛び出て戻るのもあり。

BB設定。
H4 初回-2σでタグを作って反撥している。
レンジでは上下で反撥している。
今、レンジ下限域で陽線なのでロングできそう。
-1σに水平線。

M30 下降の上値抵抗-1σを上に抜けている。
M30の前の安値あたりで同様に反撥。
MA21の下降角度は比較的強い。
H4の-1σを目指すのでは?

珍しくM5を確認。
実践では見ている?
レンジ上限MA21は下降から上に向き始めたところ。
ロングに優位性があるのではないか。

M30 でもロングが優勢である。
とのことでここでロングエントリー。
MA21を上に抜けたのを確認してから入ったほうが良かったかも、ポイントを抜けてから、というのも選択にあった。
しかし佐野さんは攻撃的なトレードをするタイプ。

あとからテクニカルも確認、MACDは上昇して0ラインを越えてきている
M5ではMA21が上向きになっている。

ポイントまで戻りを待つというのもあり。

トレードの根拠。
H4はレンジ状態が明瞭で、下限域で反撥しかかっている。
M5ではMA21が上昇してきた。

今までトレンドラインを引いていたが、レンジ状態がはっきりしているので今回は引かない。

^^^
ファンダメンタルの説明・・・毎回あるけどスルーしてるが、ちゃんと聞くべきか?

^^^
上昇してM30のMA21とH4 の-1σの交点になるところに来た。
基本、超えてからの方が良い。

今回は危ないポイント(交点)に入る前にエントリー、これはリスキーである。
損切は-23pips、その根拠はわからないけど。

数時間後に+16pips。
更にまって+20pipsを獲得。
M30の+1σあたりで決済された。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。