カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「音楽 」カテゴリ記事一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

オフコース 1982・6・30武道館コンサート

最近、ブランキー関係以外で買った唯一のDVDです。
なぜ、オフコース
だって好きなんだ~。
オフコースが。
小田和正じゃなくてオフコースが好き。
鈴木康博がいたオフコースが好き。

屈折してます。
そのこだわりは説明しても伝わらないけど、同じ想いを抱く人は結構いるのではないかな。

自分がオフコースが好き、と言うと現在も付き合いのある知人、友人は、必ず、えっ、って驚いた顔します。
だって、その人たちのイメージでは、自分はパンク、ヘビメタの人って思われているから。
だから、最近、ここ10数年は言ったことがなかったけど、やっぱり好きなんです。

このDVDを見て、再び泣きました。
この映像をはじめて見た20年近く(以上)前も泣きましたが、今回も同じです。
だから、言葉に出来ないで小田さんが泣いてしまうとことか。
鈴木さんが在籍した最後のライブだったから。
バックに流された映像にも。

WE ARE , OVER ,Thank you.

意味は誰も語らないけど、自分はこんな風に理解してます。
私達はもう終わりだ。いままでありがとう。

鈴木さんが抜けた4人組はオフコースという名前の別のバンドだったということ。

この映像を見るとそんな事が頭をよぎります。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

浅井健一 ソロ・デヴュー!

今更、記事にする必要もないのかもしれないけど。
ベンジー(←浅井健一の愛称)がソロでデヴューする。
その詳しい経緯なんかは、「音楽と人」等の雑誌で明らかにされるだろうけど、まあ、なんか、別にいいんじゃないかな、というのが自分の感想。
ブランキー解散後6年してのソロ・デヴュー。
しかも、ずっとインディ・レーベルでの活動を経て、メジャーからのデヴューって言うのは、心境の変化があったのか。
あったんだろうな。
Sherbets、JUDEとバンド形態の活動から、あえてソロへ。
レコード会社の意向とか、そんなのが入っているのか?
これまでの6年はすべてベンジー自身のレーベルでの活動だったから、何やってもベンジーの意向だったけど、これからはまた、商業的な思惑も入りまくってくるんだろうな。
ブランキー末期の混乱みたいにはならないで欲しいけど、ファンはついていくだけ。
産み出される言葉や音はきっと変わらないから。

要は突き抜ける、あの感じ。

たまたま今朝聞いたブランキーの曲の詩。
そんな感じで、まだまだ冒険中なんだろうな。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。